title_image_wb2

呼吸する家<通気断熱WB工法>

通気断熱WB工法は在来木造建築の伝統に独自の新しい技術を組み合わせ、日本の気候風土に最適な家づくりを実現した工法です。日本の木造建築は、四季折々に激しく変わる気候条件を持つ風土に対応して、息をする木の恵み、息をする土壁の恵みをたくみに生かしてきた世界に誇るべき建築です。呼吸する家(通気断熱WB工法)は、独自の仕組み、開発により、昔の土壁や木が湿気を取り除き呼吸したように、在来木造建築の伝統の良さを取入れ『家自身が呼吸をする家』へと進化させた家です。
床下通気口から入り込んだ外気は、床下地面の冷気とともに第二通気層(部屋の壁のすぐ外側通気層)を上昇してヘルスハットから排出される冷却層をつくり、家全体に涼しさをもたらします。
第二通気層(部屋の壁のすぐ外側通気層)は保温となり快適な暖かさを保ちながら、透湿性の部屋壁や木材とともに呼吸効果を発揮し続け、健康的な環境を維持します。冬場の大敵、結露も起きません 。
<< 通気断熱WB工法公式ホームページ
詳しい情報はこちらで紹介しています

代表挨拶

 

月毎の新着情報

suumo

プライバシーポリシー                                   Copyright© 2011 井戸川建築 All Rights Reserved.